スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べっ甲フレーム 修理

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村 二つのブログランキングに福井のブロガーが・・・どちらもクリックしてくださらない。



鼈甲ウィキベティア
アクセス解析すると検索がそこそこ多い鼈甲修理ネタ

20年近く前、いわゆるバブル時期には当社でもかなり高額なべっ甲製メガネフレームを数多く販売させていただいた。

ウミガメの甲羅を使用する、伝統工芸鼈甲の眼鏡フレームは、肌触りがとても良く、光沢が素晴らしく綺麗で、軽く、加工しやすい。

最近のアセテートやセルロイドなどは、鼈甲のフェイクとしてはじまったと言って過言ではないと思う。

ただ、十数年前のワシントン条約で、原材料の輸入が禁止され、当然後継者がいなくなり、無くなっていく産業かもしれない。

そんな徳川家康も使用してたと言われる、眼鏡の材料として優れている鼈甲だが、長年使用していると機械式の腕時計みたいにメンテナンスが必要となってくる。



一年ほど前に書いたと思っていた記事が、探しても無い(汗)

ファイルアップボードに画像だけ残っていたので・・・・・・・
鼈甲鼈甲

この写真は、約10年ほど使用する間にのべ5回ほどの研磨修理をしたものです。

鼈甲色の綺麗な物(高額)ほど、とれる部位が少なく、その色を合わせた部分を細かく張り合わせていくので、使い込むほどひび割れやささくれが多くでてしまう。

鼈甲本体にしみ込んだ汗や汚れを吐き出させた後に研磨修理をしていくので、研磨修理をすればするほど、細くなってしまう。

で、約一年前に、鼈甲手の部分だけ新しい鼈甲に付け替えました。
鼈甲
眼鏡テンプルに加工前の鼈甲材料

価格は10数年前に購入していただいた、フレームの全体の値段より、腕の部分だけの方が高くなっておりました。
鼈甲鼈甲
智やブリッジの金の値段も当時の5倍ぐらいにハネ上がっているので、今全部を製作すると恐ろしい値段になるとおもいます。

鼈甲
新しく鼈甲テンプルを製作したのですが、一年以上の使用でツヤが無くなり、ちょっとささくれてきております。

修理していただいた鼈甲職人さんいわく、「高価でデリケートなべっ甲フレームは、毎日使ったらダメ・・・・なんかある時にタマ~に使って、使わない時は桐箱(鼈甲は虫が食べる為)にしまっておくのです」と言われますが・・・・

メガネは、置き物みたいに飾って眺める物じゃないし

鼈甲鼈甲

綺麗に研磨修理できました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メガネのハートランド

Author:メガネのハートランド
福井県越前市、メガネのハートランド武生店の日常

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。